「ヒートエクスチェンジャー」の検索結果 22 件

カルマン  アイシスの作業

[kits1990のブログ]  2018/6/1 10:29

昨日はみづ希さんを送り届けてから、書類手続きの為に陸運支局へ。行きは雨降ってなかったのに、帰りはかなりの土砂降り😬最悪です。さすがにこの土砂降りはきついので、急遽ガレージにお尻入れることに。アイロンを出さずに、ギリギリお尻入りました😄アイロンも土砂降りの中出すの可哀想ですからね。今日は雨なので、カルマンのエンジン作業を進めることに。燃料パイプ保護のグロメットを取り付けたりと、各部手を入れて行きます。怖いので燃料ポンプも交換するんですが、ベースにクラック入ってました😅純正中古で交換です。エンジンスタートする前に、オイル交換とバルブクリアランス調整。エキゾースト側が大惨事になっています😬オイル交換

連休中の作業

[kits1990のブログ]  2018/5/4 11:42

昨日は朝イチでみづ希さんを岐阜駅まで送迎。数日間みづ希スタッフは埼玉まで出張です😬よし!その間しっかり勉強しよう!と思っていたんですが、1年前に体を壊しお客様に大変ご迷惑をおかけしたんですが、ちょうど1年たったので、これを機にオーバルを治します😄放置されまくり感満載です。といっても、営業時間外なので、ちゃんとお客様の作業を終えてから、オーバルの作業です😄ヒートエクスチェンジャーが痩せてしまい、ガタガタになっていたゴローさんのタコ足を修理です。新品のガスケットとクランプを使って、ガン締めとかでもとりあえずはいいんですが、ちゃんとバーグのフランジキットを使用して、同じ修理が無いように作業を進めます

集中力切れ

[Der Bugee Shop]  2017/12/22 23:27

車載完了!からの、此処からが意外と長い。。。 車載してからのEXマニとヒートエクスチェンジャー取り付けが待っています。 エンジン始動確認と、クラッチの動作確認まで終わったところで集中力が切れました。。。 ヘタレですいません。 残りヒーターホース&チンの取り付けや諸々調整などあるので、納車は午後とさせてください。 宜しくです。

空冷ビートル タイプ1 バハマブルー

[空冷VW タイプワンblog]  2017/10/26 18:41

66年ビートル バハマブルーの続きです!先日、Newエンジンがロングブロックまで出来たので、今日はカバー類探し、洗浄・ペイントまで終わらせました今回はデュアルポート→シングルポートツインキャブ→シングルキャブになる為元のエンジンからはカバーは何も使えず、全部集めてきました…マフラーもストックに戻すので、程度のいい物をリペイント👍カバー類の作業と平行して、載っていたエンジンも降ろしましたヒートエクスチェンジャーは貰うつもりだったのに、Jパイプ…次のエンジンはジェネレーターにする予定なので、オルタなども使えません…更け上がりはいいけど、絶不調なエンジンでしたが、予想通りフライホイールぺらぺら…

アクスルブーツ

[Der Bugee Shop]  2017/10/6 23:45

ひび割れして漏れていたので交換しました。 AJは、ヒートエクスチェンジャーの形状が大きいので、手が入り辛いですね。 両手で作業するのに入れるところがありません。 合せ目は横です。

VINTAGE SPEED カルマンギア用のアバルトスタイル

[MYBOWS-DEPOT]  2017/9/30 14:16

Vintage SpeedのNewマフラーです。カルマンギア用のアバルトスタイルで、本体位置がビートル用より35mm上に上がっています。ビートル用をカルマンに付けるとエプロンに隠れないので、マフラーが目立ちすぎてしまいます。それを好まないオーナーさんに最適です。 写真はヒートエクスチェンジャーと接続するパイプが付いてない状態ですが、位置関係的に本体が上になっています。 ※モニター特価で自社取り付けさせてくれるカルマンギアオーナーを募集しています。詳しくはお問い合わせください。

空冷ワーゲン 356レプリカ

[空冷VW タイプワンblog]  2017/7/19 18:35

連休も悪天候で終わり…、今日からまた356レプリカの続きです!休み前にエンジンは載せたので、サラッと組み付けて完成!のはずが…、案の定マフラー付く気配無しテールパイプがボディーに、おもいっきり当たってます…↓本来、ボディーにマフラーの切り欠きはありません。だいぶ削ってみたものの、まだまだ当たりますが、コレ以上はバンパーに接近し過ぎるので、削れません…※レプリカ(キットカー)なので、車両ごとの固体差はノーマル車より、かなりあると思います。356レプリカ全車に付かないと、言うとではありません👍この356レプリカは、エンジン・ミッションに傾斜が少しついているのが、原因だと思います。マウント類は正

Stainless Stock Style Muffler

[Der Bugee Shop]  2017/7/12 0:09

劣化して錆びによる小さな排気漏れを起こし始めたマフラーを、今回は長寿に期待してステンレスのストックスタイルマフラーに交換です。 よくあるストックスタイルマフラーに比べて、お値段少々張りますが、、、長持してくれれてコストパフォーマンスも良好であってくれれば嬉しいですね。 まずはお疲れなマフラーを取り外し。 VWマーク入りの純正品でした。 テールパイプは移植したかったのですが、取れる気配も無く諦めました。 ヒートエクスチェンジャー部の挿し込みパイプ、錆で膨らんでいた部分を地道に削って落しました。 新しいマフラーは此処の内径がユルユルではないので、しっかり剥がれる錆を落としておきます

空冷ワーゲン Vintage Speed

[空冷VW タイプワンblog]  2017/7/6 18:21

空冷ワーゲン、Vintage Speedビンテージスピード製マフラー取り付け完了♪2リッターロングストロークエンジンにも、難なく付きましたテールパイプは純正ストックマフラーと比べると、内径はだいぶ太いです。今回はヒートエクスチェンジャーは付けず、Jパイプなので、専用アダプターでマフラーとドッキング👍↓意味はありません。何となくO2センサー指してみました理由は、"そこに穴があったから"👍(笑)キャブ車では使用しないので、メクラのボルトで塞ぎますが、O2センサーがそのまま付くので何かと便利です♪ワーゲンblogランキングに参加してます!ご協力よろしくお願いします♪↓↓↓にほんブログ村

セルモーターが動かない

[Motor Space CHELM]  2017/6/23 21:42

空冷VWでは、「セルモーターがうんともすんとも言わないんですぅ~」というトラブルが時々あります。原因は、バッテリーがあがってる。セルモーターがぶっ壊れてる。イグニッションスイッチが壊れている。断線している。エンジン焼き付いている。だいたいこんなところです。その中でも、地面に寝転んで腕を伸ばすだけで直るのが一つだけあります。セルモーターの断線です。これは車両右側、ヒートエクスチェンジャーの奥側ですね。断線といっても、線が切れてるのではなく、セルモーターに刺さっている配線の抜けです。二本あり、一本は太くたくましい奴。もう一本はもやしみたいなひょろい奴。抜けるのはひょろい方です。下に見えるのはドライ

排気漏れ修理

[Der Bugee Shop]  2017/6/21 13:42

車高が低過ぎたせいもあり、マフラーと共に引っ張られて、#2のヒートエクスチェンジャーとの接続部分が抜けてしまっています。 また3角フランジ部分もネジの緩みによる脱落とガスケット抜けしていました。 変形してしまっていたので、エクスチャンジャーまで届かない状態でした。 クランプを使って修正しながら、接続します。 ここ元々抜けやすいので、フランジ留めの方が安心ですね。 折れていたマフラーの吊りステーも溶接で繋ぎました。 新しいボルト&ナットで取り付け カジらない、組み合わせです。 ホントはもうちょっと、タコ足やエプロンに寄って貰いたかったけ

一日雨だった

[Motor Space CHELM]  2017/4/8 22:27

今日は桜満開なのに雨だったな。うーん、大方の予想を裏切って、昼間は曇天で花見ができるくらいに回復すると思ったんだが。自然環境というのは非情だな。私は夜にしかサクラが見られないのだ。 サクラが元気な時に、雨とか降ると、花弁ごと落ちるんやねぇ。初見やったわ。それはさておき、エンジンのホットパイプセクションって、マフラー替えるたびに苦労するところだけど、やっぱり私も苦労してます。車載状態でなければ、マニホールドとヒートエクスチェンジャーをガサガサ動かして誤差を最小に抑えられるんですが、やっぱり最後の最後はどうしても力技です。バシッと、素直についたのは、今までやってて二台か三台くらいではないだろうか。

[type2]車検用マフラー

[PrivaterBus::Diary(without comments)]  2016/12/23 19:14

車検用マフラー 錆がみっともないので,ガシガシ削って耐熱スプレーをプシューっと. 今年はこんなことばっかりやっているような気がするんですが,まぁその通りでマージド,スティンガー3セットこなして,これで4セット目.ヒマなんですね(笑) マージド2セットはレース資金のために旅立っていきましたけど. ちなみに車検用でもJパイプです. ヒートエクスチェンジャーはずいぶん前に旅立っていきました. タコ足は初めて買ったものなんでカレコレ25年物ですかね. あらためて見ると細い,細すぎる(笑) クワイエットマフラー before, after. 今はなき BUGPACK製. クワイエットというだけあ

車検からの各車作業。

[kits1990のブログ]  2016/12/16 23:40

今朝は1番でオーバルの車検に出かけてきました。 前回ブレーキ周りとエンジン周りの作業をさせていただいた結果が今回試されるので、なんかドキドキ。 エンジンは調子良さそうです。 その証拠に排ガスはとってもクリーンだったので、車検用の調整をすることもなく、触りもしませんでした。 結果は1発合格でした。 心配していたブレーキも左右差なく、制動力も問題なし。 そういえば、偶然前

ワーゲンに毛が生えた!

[空気で冷やそうフォルクスワーゲン]  2016/11/25 8:09

日頃から薄毛に悩んでいるワーゲン君にもおけ毛が( ゚д゚)! フサフサのモフモフです。 ちなみに気温は氷点下です。(本当は1度) そんなカチコチの中取り付けです。 とりあえずのヒモ固定です。(コメ結び) 重いもの乗せる事になったら考えよう。 ガチで凍ってますけど… 昨日からインジェクションのヒーターホースについて調べてますけど情報少ないですね(´・ω・`) ヒートエクスチェンジャーの形も全然違うし。 正解っぽい配置。 はずれっぽい配置。 プレヒートパイプもウネウネして長い。 僕の情報網ではこれ以上わからんどす。 プレヒートパイプが結構飛び

購入後10年経ってやっとインターメカニカのヒーター始動!

[インターメカニカ カルマンギア レプリカ 356 ポルシェ]  2013/2/13 16:48

みんさん、ご無沙汰しております。今日は、インターメカニカのヒートエクスチェンジャー交換の記事です。今年の6月で、購入してから10年が経ちます。インターメカニカ356には、空冷ワーゲンと同じヒーターシステムが付いています。マフラーの熱を利用して、温めた空気を車内に送ります。で、インターメカニカにはブロアが付いていまして、温風が勢いよく足元から吹き出すようになっています。その風量も三段階あります。購入直後、生ぬるい風しか出なかったので、「こんなものなのか」とあきらめていました。でもよく考えてみると、以前乗っていた1959年式カルマンギアカブリオレはヒーターがガンガン効いていました。冬場になると、

ヒーターケーブルの通り道はホントにサビてるのかな

[buslog]  2012/2/23 20:00

バスが納車された夏の日、ヒーターダクトからは思い切り熱風が出てきました。ヒーターノブを回しても手応えはなく、ヒーターケーブルすら繋がれてなく。 バスにおいてはこのケーブルの通り道はサビてることが多く、直すには少し大掛かりになるとのこと。そう聞いてからは、寒くなればヒーターダクトが開くように針金で留め、その温風がうっとうしくなるころには外す作業が季節を感じる恒例の行事となりました。 ほかにも同じかたが多かったので少し安心したりもしつつ、そういえばホントにサビてるのか確かめてませんでした。 もしやケーブルが入ってないだけかも、これからは手元で操作できるかも・・・などと湧き上がる淡い期待を抑えつつ

BSRステンレスマフラー装着

[buslog]  2006/1/5 22:29

すっかり昔に届いておりますBSR! BUSDEATHさんにはたくさんの質問に丁寧に回答いただきました。ありがとうございます。 ほどいて感動、ペカペカのステンレス! やっぱいいっすね新品は! もう一つの感動は取説がついてたこと。日本製ばんざい! EMPIのときはタコ足がエプロンと干渉してましたし、仮に干渉しなくても熱の問題もあるので、この際サーモバンテージを巻いておくことにしました。奮発してビリオンのスーパーサーモバンテージ90を使用、最初は15mでいけると思ってたのですが結局25mも必要だったのは予想外の出費です。 取説には何も書いてませんでしたが巷ではサーモバンテージを素手でさわる

全開バリバリだぜ夜露死苦!

[buslog]  2005/12/2 23:35

先日のカルマンデイの帰りの高速くらいから、排気音に少し変化を感じてました。左側だけがなんだかガボガボ言ってるような気がします。 その変化は走りにも表れていて、低回転でのトルクが感じられず、1速での加速もとても貧弱。なにより困るのが排気音で、少しお下品な、そして大きな音となってます。 ちゃんと点火できてないのかなあと簡単なプラグチェックとキャブクリーンでの洗浄をしてみても直らないので、当初の通り排気漏れを疑ってみました。 装着してるのはEMPIのデュアルクワイエットでサビに強いと謳っているセラミックコートのもの。2年前のお正月に苦労して取り付け、その後いろんなところで「EMPIのマフラーは鉄板

ロングノーズバイスプライヤーがMVP、クラッチケーブルの遊びの調整

[buslog]  2005/5/22 23:39

苦戦していたクラッチケーブルの遊びの調整に再挑戦したのが昨日の土曜日でした。 蝶ネジはやっぱりカタイよとコメントでmizoさんとしもげんさんにアドバイスをいただいたものの、そもそも腕がほとんど入りません。蝶ネジになんとか手が届く程度では力が入らずやっぱり回りません。ヒートエスクチェンジャーを外そうにも3番シリンダからの排気口の奥側のボルトにどこからどうやってもスパナを入れられず。 困った末に作業のイメージをかためるためにoldcomerさんに遊びに行くことにしました。シャシーだけになってるビートルが一台、リフトされてるバスが一台あったはずです。天気もいいし、ドライブがてら。 向かう道中も考え

クラッチケーブルをチェックするも、右手が届くだけで精一杯

[buslog]  2005/5/19 23:58

少しだけ時間ができたのでクラッチケーブルの確認と遊びの調整をしてみようとチャレンジです。 まずは近所に新しくできたドデカいホームセンターへ。デカすぎてレジの方向がわからなくなったり30分探してもCRCを見つけることができなかったりしましたが、バイスプライヤーは無事購入できました。 帰宅後まずはフロントからチェックします。今までテキトーにグリスを吹いていたクラッチペダルの裏側をよく調べ、動かしながらグリスアップするとあっさりと鳴きはおさまりました。ペダルの動きも軽い! ボーデンチューブのこすれも気にしなくてよさそうです。 ついでなのでえっちらおっちらジャッキアップし、トミー毛塚氏のマニュアルど

おでこのペイントはちょっとした口実

[buslog]  2003/11/17 21:00

雨漏り対策として、ちょびっとだけサビてるおでこの部分のサビを削りパテ埋めしました。そのあとのホワイトのペイントはあまりにも色が違ってたら怖いのでプロにお願いしようとoldcomerさんへ持っていきます。 っていうかですね、手ぶらで初めてのお店に行けるほど気が大きくありませんので、ペイントを頼むのは正直、「こんにちはー」って入っていく口実みたいなもんです。たくさんお話させていただきました。 預かっていただいて、試乗もしていただいた結果、ブレーキの調整をしてもらいました。 ・・・ブレーキってこんなに効くもんだったんですね。 ヒーターノブでヒーターの効き具合を調整できないのは、ケーブルが途中でちぎ

:)