*

だいぶ困ったのに原因は単純、困らせられたのがくやしいトラブル

この前の日曜日のデイキャンプに使った積みっぱなしの荷物を出そうと後部のドアハンドルをひねってみたら、45度ほどまわったところから全く動きません。ちょっとどころの力では一向に動く気配がないのです。

・・・これは本気で困ります。ベンチシートのこいつでは、大きい荷物は載せられないし、お客さんも乗せられません。エンジンがかからないとかミッションが痛んだとかならあきらめもつきますが、機関は絶好調なだけに余計にくやしいトラブルです。

かと言って、開かないドアをどうやって開けるんでしょう? 心にノッポさんとゴンタくんとを引き連れて、いざ。


内張りを外しましたまずはある程度の工具を握り締め、運転席から無理やり後部へ転がりこみます。閉め切られた空間で一気に噴出す汗。サファリウィンドウとキャンバストップとリアゲートを開け風が通るようにしたあと、まずは内側からドアハンドルを外します。インナードアハンドルとアウタードアハンドルを止めてるのはネジ一本。(わぁ)

さらにドアハンドル本体部分を外そうとネジ四本を外します。本体はグラグラするものの外れはしないのでまだどこか繋がってる様子。何が繋がってるのかなーと内張りを止めているネジのうち近辺のものだけ外して覗いてみると、上下に棒を発見。さぼらずに内張りを外します。

(画像をクリックでパーツのアップ画像に切り替わります)

まさかね、なんて思いながら冗談でレバーをひねると、ガチャリ。ドアが開きました。

やったー、解決っ!

・・・なんていい加減にすると後々また泣くハメになりそうなので、根本的な原因をさぐります。

ここが引っかかってたのださっきの上下の棒は、ドアハンドルと連動してドアの上下に出てくる棒を動かしてるようです。これでドアを閉める仕組み。んー、シンプル。

内張りを外すとスムーズに動き出したということは・・・?

よく見ると内張りを止めてるネジは後から開けたようで、ネジが思い切り棒に引っかかってたみたい。少しだけ短いネジを買ってきてあっさり解決!

外したパーツ簡単に直ったとはいえ、みんなが乗ってるときでなくて本当によかったです。

外した部品はこちら。鍵の部分はシンプルすぎて笑ってしまいました。

ちなみに関係ないのが一つだけ混ざってます。

ad

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑