*

お別れのときまで楽しく過ごそう

車検から1年経ちましたので、oldcomerさんでエンジン調整を受けてきました。少し前からオルタネーターのプーリーあたりからカタカタ音が出てくるのでこのチェックと、運転席側のドアロックの磨り減った部分の肉盛りをお願いしました。平日の夜にバスを預け、また平日の夜に引き取りに行くいつものパターン。

前回の車検のときのように、ばっちり調整されたエンジンに乗るのは楽しいんだよなーとご機嫌になるはずだったのですが、今回、大きい宣告を受けました。


「取りあえずプーリーを交換し異音は収まりましたが、どうやらエンジン自体あまりいい状態ではありません。」

詳しく聞くと、エンジンがかかってない状態でちゃんと回せるはずのクランクプーリーが回せない、これはちょっと普通ではないとのことでした。たしかに以前からマニュアルとちがうこの動きに疑問を抱いてはいたのです。バルブクリアランスの調整などではエンジンが冷えた状態でクランクプーリーをレンチで回して・・・と書いてあるのですが、僕のバスのエンジンは冷えているとあまり動かないのです。

となると始動の際にもセルに負担がかかるはずなので、前回のセルモーターのトラブルもなんとなく関連付けされてきそうな気が。

回りだしたら調子は悪くはなくアイドリング時に油圧の警告灯がつくこともありませんので「早急にどうこうということはないとは思いますが、いつまで大丈夫というのも言い切れない状態」だそうで、できるだけ早めにオーバーホールする必要があるそうです。

がーーーーーん。

一番手っ取り早いのはメキシコ製のニューエンジンに丸々のせかえること。でもおすすめはやっぱり今のジャーマン製エンジンをオーバーホールし、使えるものを使いまわすことだそうで、長い目で見ると耐久性が全然違うそうです。

予算的にももちろんですが、エンジンを降ろすとなると乗れない期間が長くなりそうなのでゆっくり考えてみようと思ってます。ただ、油圧があるとオイルの中で部品が浮いている状態なのですが油圧が下がると当たってきてしまうそうで、アイドリング時に警告灯がピッカリ点くともう限界だそうです。

そうならないように今まで以上に気をかけつつ、それまでの日々を楽しく過ごすまでです。そしてついでにエンジンのお勉強を今日から強化! どうせならついでにちょろっとボアアップとかしたいですねえ。となるとキャブもカドロンあたりに?

ad

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメント、お待ちしてます

  1. ヨシヒロ

    だっ、大丈夫ですか???
    オーバーホールとは、また急な話ですねー。
    でもコメント見ている限りでは前向きに考えられているみたいですね!!

    今先ほど、バス来ました!ついに納車です!!
    デジカメがこの前会った以来、うんともすんとも動かなくなり、今は電気屋に
    入院しているので、退院してきたらまた写真送ります!
    というかバスで会いにいきます!!

    今はまだ運転に慣れてないので、慣れたころに伺います。
    (いつになることやら・・・)

  2. うおおおぉぉぉぉぉおおおおおーーっ!
    納車!
    おんめでとーーございますっ!!!

    僕も納車のときにほおずりしたのを思い出します。
    運転に慣れたらと言わず、慣れるためのドライブでもしましょうよ。
    デジカメはバスの身代わり地蔵ということで、丁寧に供養してあげてくだ(おい)。

    オーバーホールはアレですよ、
    そのうちしたいなーと思ってたものが急に来ただけですよ。
    ちょっといろんな順番が入れ替わっただけですよ。
    (と言いながら電卓を叩き、通帳を見てため息)

  3. 中古エンジン買うとかってのはどうですか?
    状態良くて安いのは早々は見つからないとは思いますが。
    オーバーホールって言ってもパーツが揃ってから預ければ1週間ほどで戻ってくるんじゃないですかね?
    自分はいつも楽観的な見方をしてます。
    自分でばらせたらそりゃもう言う事無しですね!
    今のスキルじゃ自分じゃ絶対に無理です。キャブもいじりたくありません。

    エンジンに関わらず全ての部品に言える事ですが、お金があるなら絶対にドイツ製が良いですよ。
    某有名ショップのガソリンタンクなんて新しいにも関わらず半年で亀裂が入りましたから。
    エンジンなんてなお更です。鋳鉄の強度が全然違うはずです。

  4. あ、僕も思い切り楽観的なのでもうすでに鼻歌気まじりで情報収集してます。

    海外通販ですとリビルドで1776ccでも1000ドルちょいなんてのもありますが、
    パーツが同じでもビルダーが違えば・・・なんていいますし、
    末永く乗りたいのでやっぱりジャーマン製をオーバーホールかなぁと今のところ思ってます。

    オーバーホールでこれくらい、と予算はちゃんと聞いてあるのですが、
    もう少しこちらで勉強してからもう一度いろいろ相談しに行こうと思ってます。
    コミュニケーション不足はお互い不満が残るだけですもんね。

    自分でばらして組むなら先にガレージを作らねば! (笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑