*

MSDを付けたらエンジンがとまらない

更新

28日に帰宅したときにきづいたのは、イグニッションをオフにしてもエンジンが止まらないこと。29日にじーちゃん家に行ったときも、帰宅時もそうでした。

そういやoldcomerのリュータくんもMSDつけたらエンジンが切れなくなったのでキルスイッチをつけたようなことを言ってましたが、やっかいなのはこの症状が常に現れるのでなくその時々によって違うということ。

キーを抜いてもエンジンがまわってるのはターボ車っぽくてそれはそれで斬新なのですが、さすがに放っておくこともできませんので取説をパラパラっと見てみたところ、トラブルシューティングの項目に対処法が載ってました。

Engine Run-On
エンジン ランオン

If your engine continues to run even when the ignition is turned Off you are experiencing engine Run-On. This usually only occurs on older vehicles with an external voltage regulator. Because the MSD receives power directly from the battery, it does not require much current to keep the unit energized. If you are experiencing run-on, it is due to a small amount of voltage going through the charging lamp indicator and feeding the small Red wire even if the key is turned off.

イグニッションを切ってもエンジンが回り続けているなら、あなたはエンジンランオンを体験しています。これは通常外付けのボルテージレギュレーターを使う古い車両で発生します。なぜならMSDがバッテリーから直接電力を受けていれば、装置を活性化しておくために多くの電流を必要としないからです。もしランオンが発生したら、キーがOFFになっているとしてもチャージングランプインジケーターを通り抜けて小さい赤い線に電気を供給している小さい電圧のせいでしょう。

Early Ford and GM: To solve the Run-On problem, a Diode is supplied with the MSD in the parts bag. By installing this Diode in-line of the wire that goes to the Charging indicator, the voltage is kept from entering the MSD. The diagram below shows the proper installation for early Ford
and GM vehicles.

初期のフォードとGM: ランオンを解決するためにダイオードがMSDから小さい部品袋の中に提供されています。このダイオードをチャージングインジケーターに行く電線の途中に入れることで、その電圧がMSDに入るのを防げます。下記の回路図が初期のフォードとGM車のための正しいインストールを示しています。

Note: Diodes are used to allow voltage to flow only one way. Make sure the Diode is installed facing the proper direction.
注意:ダイオードは電圧を一方向にのみ流すために使われます。ダイオードが正しい向きで入っていることを確認してください。

<中略>

Most other applications: On other applications where engine Run-On is experienced, a Resistor can be put in-line to the MSD’s small Red wire (See diagram below). This resistor will keep voltage from leaking through to the MSD unit.
他の大部分の適用:エンジンランオンを発生しているほかの大部分の適用では、抵抗をMSDの小さい赤い電線(下の回路図を見よ)に入れるのが良いかもしれません。この抵抗は電圧をMSDユニットに漏れることから防ぎます。

ダ、ダイオードや抵抗を接続・・・。小さい基板を買ってきてハンダ付けして組み込む・・・のでしょうか。ごくり。あまりにも小さいものを大きなものに接続するのって難しいですね。

図解雑学 身近な電子回路によると、ダイオードとは電流を片方向のみ流す半導体部品だそうです。


関連URL

ad

公開: | 更新: | トラブル , , , ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメント、お待ちしてます

  1. JacobsもMSDも同症状

    はじめまして、どのように解決すればよいか、ネットで調べていてたどり着きました。TBさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑