*

「月別アーカイブ:2005年06月 」 一覧

チーム・マイナス6%に参加

もうすでに夏にやられ始めてます。といっても夏の熱気ではなく、夏の冷気。そこいら中で動いてるエアコンにやられるのです。 バスに乗ることを夢でなく具体的に考えた初めての夏のこと。僕はクルマに乗る...

続きを見る

ドアパネルの製作その3 雨の浸入をとめる

雨の日に乗り込むと三角窓の下の足元が必ず濡れてました。特に運転席側はびっちょり濡れていて、足元のゴムマットに湖ができるほどです。 三角窓自体は運転席側のほうがしまりが悪く、そもそも構造上きっちりとは...

続きを見る

ドアパネルの製作その2 ドア本体の修理

ドアパネルを外したついでにドア本体もできるだけ手を入れておいてあげようと思います。 パネルを外してみるとよくわかる、前の塗装業者のいい加減な仕事っぷり。パネルを貼ればわかんねーだろとでも考えたので...

続きを見る

腹が減っては戦はできぬ

最近はガソリンスタンドで満タンを頼むと、ノズルが自動で止まったあともさらに入れるが当たり前のようになっています。タンクが満杯になってるのに給油口からタンクに続く道をもガソリンで満たしてやろうとばかりに...

続きを見る

ドアパネルの製作その1 ベニヤ板でパネルを製作

以前3児のパパさんに、ドアパネル作ったぜイエーイというご自慢のメールをいただきました。FJ1040さんのクルーキャブもショップの社長が裏がグレーのベニヤ板をホームセンターで探してきてこれが純正にそっく...

続きを見る

テールライトのバルブの交換

配線を直してもらったと思えばすぐに切れてしまった右のテールライト。ひょっとして僕が少しショートさせたのが悪かったのかもしれませんが、それもまた運命だったのでしょう。合掌してから交換します。 12...

続きを見る

火花パチパチでドキドキ、点灯しなくなったブレーキランプの修理

元から暗いとはいえブレーキランプが点灯しないのはさすがに危ないので、日曜日に指摘してもらってからはそろりそろりと運転し、後ろにブレーキを知らせたいときはそのたびにスモールライトを点けておきました。バス...

続きを見る

クラッチペダルが戻らない

ドライブしてるとまたしても左足に妙な感触。クラッチペダルが戻るときにいったん引っかかって、あれ?と思うとぐいっといつも通り元気に返ってくるという不思議な症状。全体的に重かったりするのなら油切れやケーブ...

続きを見る

Lomo Fisheye には負けないぞ

ロシアで生まれたレトロカメラ、Lomo。これの新しいモデルが魚眼レンズのFisheyeです。たくさんのサンプル画像を見てもうノックアウト、予約ボタンを反射的に押しかけてしまいそうでした。 でも、...

続きを見る

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑