*

火花パチパチでドキドキ、点灯しなくなったブレーキランプの修理

元から暗いとはいえブレーキランプが点灯しないのはさすがに危ないので、日曜日に指摘してもらってからはそろりそろりと運転し、後ろにブレーキを知らせたいときはそのたびにスモールライトを点けておきました。バスに乗り出してからこういう知恵はよく働くようになった気がします。

注文しておいたスイッチが届いたのですぐに交換作業に入ります。

スイッチ自体は聞いていたとおり、もぐってすぐに見えました。地面からのドロや油で汚れたスイッチを外すとたらりとこぼれたブレーキフルード。構造を考えるとそりゃそうなんですがびっくりしました。

真下にいなくてとりあえずはよかったですが、エアをかんでしまわないように素早くかえるべきでしたね。22mmと自分が今までバスに使った中で一番大きいメガネレンチでガッチリしめ、もとどおり配線を押し込んで。はい、あっさりと終了!

・・・すると思ってました。


新しいスイッチをつけてもうんともすんとも言わないプレーキランプ。目視での1番のヒューズはOKで、同じところを通るホーンもぷっぷく鳴ります。さて。

ヒューズを交換してみても変わらず、接触も大丈夫、ヒューズへの配線もしっかりはまってます。試しに外して目で確認、戻すときに思い切りいらないところに当たってしまい、火花が散って冷や汗。サボらずにバッテリーアースを外しておけばよかったと大いに反省し、おびえて手のひらをぬるぬるにしながら元のところに差し込みます。

ブレーキペダルに重しを載せてスイッチをテスターで測ってみると、まったく針がふれません。そもそもテスターの使い方があってるのかすらあやしいですが、さてさて。

困ってoldcomerさんのリュウタくんに電話するとやっぱり、

  • イグニッションをONに
  • テスターのプラスをブレーキスイッチのどちらかに
  • テスターのマイナスはボディーアース

でテスターの針はふれるはずで、ふれないならスイッチからヒューズまでの配線とのこと。

僕の苦手な電気系、しかも配線か・・・とアタマをかき、昨日締めたばかりのキックパネルを苦笑しながら外すと、ぷら~んと一本、むき出しの配線が垂れ下がってきました。

これが何の配線なのかわかりませんが、端には端子すらなく、よくこんな危ない状態で今までいたなと冷や汗がでました。外れてたとはいえ今まで何の不便もありませんでしたのでとりあえずは横によけておいて配線をじっくり眺めます。

ブレーキランプのスイッチに繋がってるのはこの赤い線? それとも分岐してるこれ? そもそもこれは誰?

などと悩んでる時間がすこし惜しく、よくわかってない僕がさわった配線なんて危ないに決まってますのでここからは素直にプロ任せ。oldcomerさんまで走って行ってお願いすると検電ランプ片手にさくさくと調べがすすみ、あっさりと原因が判明。ちょろりと外れていたその配線がブレーキランプの配線でした。なんで外れたんでしょうね。

ブレーキを踏んでもらうと久しぶりにまぶしく光るテールランプ。これで明日のBBQへも安全にドライブできますありがとう!

帰宅してもう一度後ろをガラス戸に映しながらブレーキを踏むとあれれのれ、右のテールランプが点いてません。ウィンカーを出してもつきません。

右リアのランプの玉切れです! 続くものは続くんですねー。

ついでにオイル交換しておきました。オーバーホール後500kmで一度交換したのですが、さらに500kmで念のため今回の交換です。鉄粉はほとんどなかったので500kmの時点で出尽くしてたと考えると、前回のオイル交換がとても大事だったことがわかります。

FRAMのフィルターもBug in Mikiで買っておいたものを交換しておきました。まん丸なのでどんなフィルタレンチを使うのか悩みましたが、手で思い切り回すと外せたので、同じように思い切り回してつけておきました。メーター読み27212mile。

ad

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメント、お待ちしてます

  1. 山本こうじ

    こんばんは、山本です。
    ほんと、トラブルをもまさひろさんの日記ではすごく楽しんで解決しているのが
    とてもいいですね。自分がトラブルを起こしたなら、こんな楽しそうに日記を書けるのであろうか
    と思います。
    それと、イベントの写真なんですがビートルやバスがあんな台数が集まって
    走っているのって、めちゃくちゃかっこいいですよね。身震いしました。
    これからもどんどん写真も載せていってくださいね。

  2. いや、走れなくなるようなトラブルだと泣いてると思うんですが、
    今までのトラブルは全部、差し支えの無いトラブルばっかりですから。

    日曜日のBBQではちょっとだけ手での合図を使いました。
    「ここを右に曲がって、あの見えてる道をくるーっとまわって行きますよ、まぁついてきてくださいなー。」と。
    都市部では困りますが。

    イベントの行き帰りは、ドライブしてる僕自身も身震いしましたよー。
    どれだけバックミラーを見たことでしょう。

    山本さんも、納車されたらぜひ来年ご一緒しましょうね。

  3. 3児のパパ

    最近頭から離れないことがあります。
    それは・・・

    【フルレストアのBUS】

    マイナートラブルやハプニングやサビやらの補修は楽しいのですが、各ショップのホームページに出てくる

    エンジンルームや床などに顔をコスリつけれるようなピカピカで新車同様のフルレストア車。

    『最初に少し投資しとけばランニングコストは掛からないのでは・・・』

    サビた窓フレームを見るたびにそんな不純な気持ちになります・・・・・・・・・・・・・・・

  4. ランニングコストもかからないでしょうし、いろんな心配から少しは開放されるでしょうけど・・・

    トラブルやサビやらの補修を楽しめませんよ! (笑

    とはいえ雨漏りやサビは寿命をモロに縮めますよね。
    特にこれからの時季は憂鬱です。
    僕の次の大きい修理は雨漏りのシャットアウトですが、
    それまでは小さくて自分でできるものを一つずつです。

    ゆっくり、ゆっくり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑