*

ルーフキャリアのウッドの製作

更新

ひどい精度のルーフキャリアのウッド部分を一から製作するプロジェクト、木工野郎Aチームの活動中間報告です。


鉋

使ったのはSPFの1×4材。近くのホームセンターでは木材カットサービスなるものをしていて、なんと1カット10円でやってくれました。6フィートのもので2本取れます。

買ってきたSPFの1×4材の全ての角に軽くカンナをかけて角を落とします。

でも後から考えれば、これより先にボルトの穴の位置を決めるべきでした。角が無くなると測りにくいんですよね。

裏

M6のボルトの穴を開けます。ささくれやすい木でも裏に当て木をしてやるとこのとおり、綺麗に穴を開けられます。

写真左側が当て木、右側が貫通した穴の裏側。キャリアキットに付属してたものとは段違いの仕上がりです。

リューター

ホームセンターでちょうどいい感じのリューターを見つけたので、これで皿ネジのアタマ部分を作ります。

表

ばっちり。

ニス

ニスを塗ります。屋外で日光や雨と戦う運命なので当然油性ニスをチョイス。

薄く塗り、乾いたあと#240のサンドペーパーをかけてから二度塗りすると綺麗に仕上がります。本当は塗る前にもペーパーがけしないといけなかったようです。反省。

以前使って残ってた透明ニスで一度塗りすると木材が白すぎたのでケヤキ色のものを買ってきました。容器にビニールをかぶせて使うと最後に洗わなくて済みます。

ニス塗り

色つきニスで一度塗り終了! やっぱりムラができてしまうのでもう一度塗らないといけないでしょう。

前回は88円の超安物のハケで、今回は500円越えの上級ハケで塗ってますが、塗りやすさが格段に違いますね。毛の量が多いのでニス持ちが良く、毛にコシがあるので扱いやすいです。

ハケは残りの塗料を新聞紙などに塗りつけ、最後はシゴいて取ります。まずは灯油できれいになるまで下洗いし、仕上げだけペイントうすめ液(シンナー)で洗うのが経済的な方法です。最後は食器用洗剤で洗い、水洗いしたあとに陰干ししておきます。立てて干しておくと少しくらい固まってしまっても根元だけなので大丈夫。

最近はハケ洗い液なんてのもあって後片付けが楽ですね。いいハケを長く使おうと思います。

ニス塗りは恐ろしく単調な作業なのでもう飽きましたよ! 早くキャリアの姿にしてあげたいものです。

ad

公開: | 更新: | エクステリア , , , ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑