*

ALLTRADEアルミジャッキの修理

更新

ハンドルを上下してもサドルが下がるようになってしまったジャッキを修理します。ALLTRADE製2トンのアルミジャッキ。

クルマをギコギコ上げる道具なので作業は慎重に。まずは英語の取説を簡単に訳します。

オイルレベルのチェック

Do not use brake or transmission fluids, or regular motor oil as they can damage the seals. Always purchase and use products labeled Hydraulic Jack Oil.

  1. Turn handle counterclockwise to allow ram to fully retract. It may be necessary to apply force to the saddle for lowering.
  2. With jack in upright position remove oil fill plug. Oil should be even with bottom of hole. If not, top up. Do not overfill. Always fill with new, clean hydraulic jack oil.
  3. Replace fill plug.
  4. Check jack operation.
  5. At this time, consult Troubleshooting section for System Air Purge.

オイルレベルのチェック

シールを破損する場合があるので、ブレーキオイルやギヤオイル、またレギュラーモーターオイルを使用しないでください。 常にHydraulic Jack Oil(油圧ジャッキオイル)とラベルされた製品を購入して、使用してください。

  1. 反時計回りにハンドルをターンして、ラム(?)が完全に収縮できるようにしてください。 サドルを下げるために、サドルに力を加える必要があるかもしれません。
  2. ジャッキが直立位置にある状態で、オイルの注入プラグを取り外してください。 油が穴の下部があってもあるはずです。 そうでなければ、注ぎ足してください。 入れすぎて溢れさせないでください。 新しくて、きれいな水圧ジャッキ油でいつも満たしてください。
  3. 注入プラグを元に戻してください。
  4. ジャッキ操作をチェックしてください。
  5. このとき、エア抜きのためにトラブルシューティングを参照してください。

Trouble Shooting

  1. Turn handle counterclockwise one full turn to open.
  2. Pump handle eight full strokes.
  3. Turn handle clockwise to close valve.
  4. Pump handle until the lift arm reaches maximum height and continue to pump several times to remove trapped air in the ram.
  5. Turn handle counterclockwise one full turn and lower lift arm to the lowest position. Use force if necessary.
  6. Turn handle clockwise to closed position and check for proper pump action. It may be necessary to perform the above more than once to assure air is evacuated totally.

トラブルシューティング(エア抜き)

  1. (バルブを)開くために、ハンドルを反時計回りに完全に1回転させます。
  2. ハンドルを、完全なストロークで8回ポンプして(上下して)ください。
  3. ハンドルを時計回りで回して、バルブを閉じてください。
  4. リフト・アームが最大の高さに達するまで、ハンドルを上下させてください。そして、ラムの中に閉じ込められた空気を取り除くために何度かポンプで送り続けてください。
  5. ハンドルを反時計回りに完全に1回転させ、下側のアームが一番下の位置にくるようにしてください。必要なら、武力行使してください。
  6. ハンドルを、バルブが閉まる位置まで時計回りに回転させ、ポンプの動きが正常かかどうかチェックしてください。空気を完全に抜くために、上記のことをもっと行う必要があるかもしれません。

*

段取りがわかったところで、ストレートでジャッキオイルを買ってきました。

*

とはいえ分解図を見ても「ここがオイルを入れるプラグだよ」とは書いてないんです。とりあえず外れそうなハンドルを外してみます。サドルを上下させるハンドルを左右(側面)から留めてる六角ボルトを外します。

ハンドルでクルクル回してバルブを開閉する部品(=プラグ)をソケットレンチで回すと、ポロリととれてくれました。中にはオイル。よし。

*

出てきた穴にオイルを足します。ジャッキオイルを紙コップに少し入れ、割り箸に沿わせて入れるというB型的注ぎ足し。

エアを噛まないようゆっくりサドルを上げ下げして無理やりオイルを吸わせ、プラグを元通りにします。ウエスを下に敷き、思い切り溢れさせながら締め込みました。

あとは取説通り、リフトアームを完全に上げ、そこからさらに何度かハンドルを上下させます。これを5セット、ビリーズブートキャンプ並みにえんやこら。

よし、挙動は元通り。なんだ、思ってたより簡単なことだったんですね。ジャッキ復活、万歳!

ジャッキオイルは一生使えそうなほど余りました。

ad

公開: | 更新: | メンテナンス ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメント、お待ちしてます

  1. 結構かんたんだったでしょ♪

    masahiroさんもビリー入隊??

  2. やってみたら簡単でした。
    ラッキー♪

    ビリー入隊はまだでっす。
    ビリーズブートバンドなら始めたよ。
    略すとBBBとなって若干かっこ良い。

  3. バンド??

    masahiroさんは太鼓??

    ウクレレが必要になったらいつでも言うてね♪
    それともすぐに声の枯れてしまうボーカルやりましょうか?(爆

  4. イエス、バンド!
    2週間で、みるみるやせるバンドです。

    僕は今回、初めてのベースでの参加です。
    踊るぜ!

  5. kota

    朝一でここに来たらサーバーダウンだったよ~

    二日酔いでもしましたかな!?

    同僚と一緒にビリーさんへ挑戦しましたた!
    私は最初の5分で、命の危険を感じて白旗を揚げました(ToT)

  6. サーバ、なんだかドえらくメモリを食われたみたいで
    ストライキ起こしてました。

    そろそろ入隊してない方の方が少なくなってきた気配。
    「タイタニック見た?」のときみたく、僕はマイノリティー道を歩きます。

  7. 親方

    ALLTRADE2トンアルミジャッキには、オイル粘度ISO10とか32とかどの位のものが良いのでしょうか、ご存知の方いらっしゃいますか?

  8. masahiro

    わ、ジャッキにあわせた粘度があったんですね。
    勉強になりました、ありがとうございます。

    ALLTRADE のジャッキでは、僕の記憶の限りでは取説では粘度については触れてなかったと思うのですが、お手元の取説には書いてませんか?

  9. 親方

    ヤフオクで中古購入し、取説も無し、ネジやボルトにも表示シール等無かったので、このページは大変参考になったところです。プロ仕様のホームセンターでは、どちらも透明で、ガレージジャッキ用として粘度10、他の油圧機器用には粘度32を販売していました。しかし、「BAL」のジャッキ専用オイルはいかにも油色の粘度32を、よく見かけるフロアジャッキ(安売りのもの)の取説には粘度10を指定しています。これで迷ってしまったわけです。ALLTRADEに直接問い合わせするしかないのでしょうか。

  10. masahiro

    なるほど、取説なしですか。むむむ。

    僕が使ったのストレートのジャッキオイルは、粘度は ISO VG32 だそうです。
    http://www.straight.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB-1L/item/36-827/

    僕自身はあまり気にしてないのですが、問い合わせが無難かと思います。
    ALLTRADEにメールされてみてはいかがでしょう?

    http://www.alltradetools.com/index.php/contact-us/
    (http://translate.google.co.jp/ )

    お力になれずにすみません。

  11. 親方

    ありがとうございました。
    ALLTRADEに問い合わせをしたいと思いますが、日本に正規代理店が無いということと、オイル漏れ・エア混入の事例が多数ある様なので、ARCAN製に切り替わってきたのかなと考えられます。

  12. masahiro

    あ、たしかに、僕のジャッキもそろそろオイルを足さないといけなくなってます。
    ジャッキアップしても降りてくるんです(笑)

  13. misawa

    アルミジャッキ修理で検索してたどり着きました。本題ですがハンドルを回しリリースするところからオイルが漏れてバラシて見たらオーリングが老化していて駄目でしたがパッキン屋でOリングが規格に無いと言われました【外形が12.5mm・内形が7mm・厚さが3.1mm】Oリングを交換されてたらこのサイズのOリングか聞きたかったので投稿しました。ジャッキのメーカーは違いますがポンプが同じ形でしたので合うかなと思っています。宜しかったら回答ください。

  14. masahiro

    わ、Oリングのサイズまではわかりません・・・。
    お力になれずにごめんなさい。

  15. けいた

    私も同じジャッキを使っていて
    オイル漏れに悩まされています。
    私はオイルは
    「breathing screw」
    というシールが貼られてるところの+ネジを外して
    入れてます。

    oリング売ってないですよねー

  16. masahiro

    breathing screw からも給油できるんですか、ありがとうございます。
    そっちだとハンドルを外す手間が省けますね。

    なんにせよ、漏れるオイルを足す必要があるジャッキだということで・・・(笑)

    お互い安全に楽しみましょう~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑