*

新婚旅行その4 函館から富良野へ

更新

*

5月14日。2泊したペンション大黒亭を後にし、富良野へ向かいます。『宿なんて寝られたら何でもいい。宿泊代はほかへ回したい』派です。


*

せっかくなので、昨日まわったところをバスで軽く一周し、記念写真をパチリパチリ。

*

しかし急な坂が多い街です。ちょっと停まるだけですが、サイドブレーキだけでは不安。エンジンを止め、ギアを入れてクルマを降ります。

*

昨日訪れた公会堂の前。

*

写真館の横です。

この後函館市街を出発します。

*

雨が降る予報でしたので、ホームセンターで白のガムテープを購入し、雨対策としました。ちゃんと閉まってない観音扉にも少し折りたたんで挟み、ガタつきを抑えます。

函館→札幌へは約5時間。ひ、広い・・・! まずは下道、国道5号線をどんどこ北上します。

*

赤松街道の途中でラーメン。ナルトが反対だ!

*

ローソンでも休憩します。喉も渇いてないしトイレもまだ大丈夫なのですが、この先にいつコンビニがあるのかわからない雰囲気です。

うどんと蕎麦が売ってました。

*

二人で代わる代わる運転なので、バスだけが休み無しです。道中で小樽のホテルを手配しました。

*

高速に乗ると、やっぱり雨が降ってきました。途中で入ったガソリンスタンドのおっちゃんが京都ナンバーにびっくりしたあと、東滝川ICから国道38号線という僕たちのルートより、三笠ICから下道のほうが早いよと教えてくれました。下道も険しくなく走りやすいとのこと。さらに吹上温泉がおすすめと教えてくれました。

わからないことがあればスタンドに電話しておいで、とも。ありがとうございました!

*

教えてもらったルートは確かに楽でした。広いからでしょうか、無理に山を登ってる感じがなく、大きくゆるいカーブばかりなんです。一定のスピードで走ることができ、かんたんに富良野のペンションに到着。

駅前まで行って食べるプランも出ましたが、近くですませて早く寝ることにしました。

*

おやすみなさい!

(続きます)

ad

公開: | 更新: | ドライブ , ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメント、お待ちしてます

  1. シマウラ

    いやー、こういう旅ってあこがれちゃいますねー!続きが楽しみ!!
    うちのカルマンでこんな旅したら体もたないですね(笑

  2. 天気が微妙で写真好きのお二人には残念だけど
    やっぱり黄色で生えますね!

    ぼくの曇り空色なんて・・・(涙)

    死ぬまでに、黒系&白系以外の車に乗りたい・・・

  3. YUKARI

    ホームセンターで購入された白のガムテープは…もしや魔法のテープですか??には。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑