*

高速道路の渋滞回避術まとめ

更新

053001

フラバグも Bug in Miki も参加してないので体感してないのですが、ETC休日特別割引の影響はどうですか?

ご存知のかたも多いと思いますが、渋滞回避術というのを見つけたので紹介しておきます。

見つけたのは『「渋滞学」の権威、西成活裕東大教授が伝授! 目からウロコの“究極”の渋滞回避術』というロングインタビュー。教授はクルマ、コンサート会場のほかにアリの行列(笑)などを研究されてるようです。

このインタビューに、主に高速道路において、

  • 渋滞を起こさない
  • 渋滞になりそうになっても治療できる
  • 渋滞が起こってもほどきやすくできる

旨が書いてあります。

渋滞を起こさない運転方法

  • 車間距離を十分空けること
  • 高速道路の場合、車間距離40mが大きな分岐点になる
  • 高速道路では40m以上詰めると損をする

渋滞は”治療”できる

  • (走行中の)車間距離という”貯金”を渋滞の中に持ち込むことによって、渋滞が弱まる
  • 渋滞領域の手前5kmあたりから、時速70kmでゆっくり走ることで、渋滞は大分解消される
  • 割り込みたいクルマにはどんどん割り込んでいただき、先に行っていただけばいい、そうしているうちに、自分の周囲は割り込まないクルマだけの集団になる
  • (速度を落とすことによって逆に渋滞を作らないように)「速さ ÷ 車間距離」を一定に保つ

渋滞にはまってしまった場合

  • 渋滞は早く抜け出すことで、成長を弱め、渋滞の先頭の解消を早めることができる
  • 高速道路での渋滞の場合、時速20kmが平均的な値なので、車間距離は中心間距離で15mが良い
  • 割り込まれても決して焦らず、じっと耐えることが重要、「燃費が悪いな、かわいそうだな」と思っておけばいい

これらの知識を、長さが3km以下の渋滞であれば、10人中1人が知っていれば大丈夫、それによって、渋滞が分断化され、ほどけやすくなるとのこと。

JAF Mate 2009年6月号にも渋滞吸収走行の実験結果が掲載されてます。渋滞吸収隊の後ろは見事な結果。

 高速道路において渋滞の先頭が後退していく速さは、平均的に見て時速約マイナス20kmだということが分かっています。つまり、時速マイナス20kmで渋滞は小さくなっていくということです。ですから、渋滞領域へ到達するクルマの台数がゼロ台であれば、1kmの長さの渋滞は3分でなくなる計算になります。

↑お出かけの際に参考になるかも。

ad

公開: | 更新: | クルマ , , ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑