*

僕もいろいろお勉強、秋の嫁の実家へ

更新

実家へ

嫁の実家へ行ってきました。最近は休み前の夜に出発、遅くに到着というリズムです。

裏

朝ごはんを食べたらさっそく息子を裏山に解き放ちます(笑)

おお、後ろ姿が大きくなりました~。

お手伝い

落花生の試し掘りをお手伝い。2代目の長靴くんもいい仕事してくれてます。

落花生って・・・土の中にできるんですね。大豆や小豆のようにできるもんだと思ってました。

僕は農薬を一切使わないお義母さんと一緒に虫の駆除のお手伝い。

オクラ

さすが畑のオクラは大きい! 僕の背丈以上あります。

主枝を切ってわき芽からさらに収穫できるようです。すげー。

なんだか綺麗な毛虫がついてるので葉っぱごとさよなら。いちおう息子には見えないところでギュッギュッとさよならします。

息子がタマネギを植えた上を歩いて・・・わ、麦やないねんから! まあタマネギやしマシか、などと(笑)

ニンニク

ニンニク植えてはりました。薪の燃え残りの炭は、プランター栽培で石灰を播くのと同じことだそうです。実家に帰るといろいろと勉強になります。

栗

今年は栗は例年以上にイノシシと取り合いですって。イノシシって鬼皮だけでなく渋皮まで剥いて食べるんですね。いくら想像してもどんな風に剥いてるのかわかりません。

彼らは夜行性なので、夕方に栗拾いに行くほうがいいみたいですね。

獣道

ばっちり獣道。草をついばんでる跡があるのでシカも出てる模様。

マキ

マキの木になる実は食べられるなんてことを嫁に教えてもらいました。紫のほうだけですがねっとりとしてほのかに甘い! 親子3人でもぐもぐ。

道の駅

道の駅にも買い物に行きました。ちょろっといただいた焼き栗を息子が目を見開いて、たいそう美味しがってました。

今度は買って帰ろうねー。

チャイルドシート

2歳の息子にとって、こういう田舎はありがたいです。さんざん遊んで帰りは爆睡。

僕もいつも、超リフレッシュ。

ad

公開: | 更新: | ドライブ , ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメント、お待ちしてます

  1. Keikiola

    今年は猛暑やったんで、木の実系が少ないんですね。
    だから、クマもイノシシも里に出てくる。

    僕も親戚に栗農家がいまして、イノシシがどうやって栗を食べるか教えてもらったことがあります。
    前歯でゴリゴリこそぐように食べるらしいです。

  2. masahiro

    そういやどんぐりも全然落ちてませんでしたわー。
    クマもイノシシも大変でしょうねえ。

    イノシシ、前歯でゴリゴリ・・・。
    なんか、細かいこと考えずに食べてそうなイメージでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑