*

フォルクスワーゲン・ビートルの変遷

更新

フォルクスワーゲン・ビートルの変遷

暮れに義弟くん夫妻が嫁にプレゼントしてくれました。去年の10月に出たようで、知ってるかたは知ってるとは思いつつもご紹介!


変遷というだけあって、ビートルの開発のそもそもから始まります。有名な話ですよね、ヒットラーがポルシェに、「大人2人と子供3人を時速100kmで運ぶ能力を持ち、重量は650kg以内でなけらばならず、100km/h走行で最大8リットルの消費燃料、販売価格は990マルク以内」で作れと指示したこと。

VW3、VW30、VW38という三世代の試作車を経てKdFが完成、そこから戦争を経たあと大量生産に移り、やがて海外へと広がっていくビートル。

いかにして生産したかが当時のたくさんの写真と一緒に紹介されてます。中には1955年の100万台目、1965年の1,000万台目の出荷時の写真もありました。

しかも嬉しいことに、日本語です。

読み応えたっぷりでおすすめですよー。

>> VWビートル―フォルクスワーゲン・ビートルの変遷

ad

公開: | 更新: | Bus,VW情報 ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメント、お待ちしてます

  1. 匿名

    この本も読んでいたい!!
    「バスカフェくんがいく」も、まだ見れてない…。

  2. masahiro

    「カフェバスくんがいく」ですね。
    在庫薄い、というかあまり書店に置かない本なのか、ネットでなかなか入手できませんので、本屋さんでお取り寄せがおすすめですよー。

    # すみません、いただいたコメントがスパムと誤認定されて埋もれてしまってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑