*

WPtouch Pro のテーマを少しカスタマイズ

更新

WPtouch Pro

初めて購入した WordPress のプラグイン、WPtouch Pro は、テーマを少しだけカスタマイズして使ってます。

せっかくですのでその方法をメモ。

知ってると便利な WPtouch Pro の機能

WPtouch Pro ツール

テーマをカスタマイズする際に便利な機能が2つあります。

まずはデベロッパーモード。General → Tools and Debug → General → Developer mode で、「admin には PCのブラウザでも WPtouch Pro の画面を表示させる」といったことができます。

そしてロギング機能。General → Tools and Debug → Debugging にてデバッグログファイルを5段階のレベルで取れる機能もあります。

このあたりはさすが Pro といった感じでしょうか。

まずは独自テーマを作成

テーマをカスタマイズする際は必ず独自テーマを作成します。

wp-content/plugins/wptouch-pro/themes/ にあるデフォルトのテーマを改造しても、プラグインやテーマのアップデートで上書きされてしまいます。

WPtouch Pro の管理画面 → Theme Browser から Copy As Child (子テーマとしてコピー) するのが公式に推奨されてる方法です。WordPress の子テーマを作るのと同じ要領だそうです。

僕が借りてる coreserver だとセーフモードで動いてるせいか Theme Browser からうまくコピーできませんでしたので、手動コピーでクリア。

wp-content/wptouch-data/themes/ ディレクトリを作り、カスタマイズ元とするデフォルトテーマを丸ごと手動でコピーしました。

コピーした先、wp-content/wptouch-data/themes/my-theme/ 内の readme.txt は、Theme Name を編集して自分のテーマ名にしておきます。ここに書いた情報が、 Theme Browser で表示されるようです。

以下、デフォルトテーマの classic 2.2.2 を元にカスタマイズしたメモです。

日付表示を日本向けに

WPtouch Pro 日付設定

テーマの日付表記のデフォルトは英語向けです。

このままだと January 1st 2011 といかにも海外のような表示なので日本語表記へ。

ipad / iphone ともに blog-loop.php 、single.php 内にある数カ所を変更しました。

includes/theme.php は、

を、

へ変更してます。

いただいたコメントの日付も日本語化。functions.php で、

から

へ変更しました。

WPtouch Pro 日付設定

WPtouch Settings → General → Global General → Regionalization にある、
Respect WordPress setting for date format in themes
にチェックを入れると、WordPressの
設定 → 一般 → 日付フォーマット
の設定通りになるようですが、WPtouch Pro 全体が日本語に、それもあまり素敵でない日本語になってしまうので上記の処置をしてます。

月別アーカイブの12ヶ月しばりを無くす

WPtouch Pro テーマ変更

wptouch-archives.php にて表示される過去の月別アーカイブを最近12ヶ月から無制限に変更しました。

表記とともに変更しておきます。

関連エントリーを表示する

WPtouch Pro テーマ変更

関連エントリーを表示するプラグイン、Similar Postsを使ってるので、WPtouch Pro のテーマにもコードを足しておきます。

としました。

前後のエントリーのタイトルを表示する

WPtouch Pro テーマ変更

デフォルトでは矢印で前後のエントリーへのリンクが作られてますが、テキストでタイトルを表示したいので、single.php 内にて

を足しました。

表記が気になった細かいところ

『テーマ』と言って通じるのは WordPress ユーザーくらいなものだと思うので、footer.php の切り替えスイッチから Theme を削除。

Regular Theme というのもしっくり来ないので、PC Version にしました。

コメントを頂いたかたにはお礼を言いたいので、includes/theme.php の文言を変更しました。

どれもかんたんです。

無料版とちがい、テーマをカスタマイズできるのが有料版 WPtouch Pro のいいところ。自分好みにかえられるのは嬉しいですね。

WPtouch Pro の特徴はライセンス購入時にもふれてますのでよろしければどうぞ。

50% of your traffic is mobile - is your WordPress website ready?

ad

公開: | 更新: | WPtouch Pro , ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメント、お待ちしてます

  1. Pingback: 私流WPtouchカスタマイズ術(単一記事編)

  2. berghilo

    こんにちは。
    私もWPtouch Pro使っているんですけど、このサイトでランダムに変わるトップ画像って、WPtouch Proの設定画面にあるんでしょうか?
    カスタマイズしてトップ画像を付けたんですか??

  3. masahiro

    こんにちは。
    画像は rotate.php というのを使わせていただいてます。

    phpで画像をランダムに表示させる | chocobit http://chocobit.com/2007/03/19.php
    ↑ この記事がとてもわかりやすいと思います。

    最終的に WordPress や WPtouch Pro のテーマへは、
    <img src=”http://www.buslog.net/path/to/rotate.php” />
    という形になってます。

  4. Tailface

    いろいろ参考にさせて頂いてますm(_ _)m

    質問があります。
    WP touch proの中にLightbox設定ってあるんですか?
    記事内の写真をタップするとlightbox風に表示されるのは他のプラグインでしょうか?

    よろしく返信願います。

  5. masahiro

    こんにちは。

    LightboxはWPtouch Proの機能ではなく、他のプラグインです。
    現在は wp-jquery-lightbox というのを使ってます。

  6. 松下

    検索してたら、こちらの記事にたどり着きました。
    情報公開ありがとうございます!

    質問があるのですが、coreserverBを借りております。
    テーマの一部を改造して使うため、コピー(子テーマ)をしましたが、セーフモードだと動いてくれません。

    そこで、記事で紹介されている、wp-content/wptouch-data/themes/ ディレクトリを作り、カスタマイズ元とするデフォルトテーマを丸ごと手動でコピーをしました。

    そして、このコピー側のテーマをローカルでいじってアップをしましたが反映されていませんでした。
    子テーマを使いますよっていうのは、どこかで設定などあるのでしょうか?
    既存のテーマである、plugins/wptouch-pro-3/themes/classic-redux が反映されています。
    wp-content/wptouch-data/themes/classic-reduxを反映させる方法を教えて下さい。

    忙しい中恐縮ですが、アドバイスをいただけましたら幸いです。

  7. 松下

    すいません、テーマ選択のとこに表示されておりました。
    問題解決しました!

  8. 松下

    たびたびすいません。
    だめでした・・・
    テーマを選択したら、

    Warning: Attempt to assign property of non-object in /virtual/mudaijp/public_html/●ドメイン●/wp-content/plugins/wptouch-pro-3/core/class-wptouch-pro.php on line 1503

    と表示されて、サイトがこのエラーばかりで表示されなくなったので、wptouch-pro-3を削除し、再インストール。
    今度は、wptouch-pro-3をプラグインで有効にできなくなってしまいました・・・。
    上で書いたエラーが表示されます。
    セーフモードがだめなんでしょうか。

  9. masahiro

    お使いなのは WPtouch Pro 3 でしょうか。僕は3にバージョンアップできてませんので、あいにく力になれなさそうです、申し訳ないです。

    試すとすれば、子テーマを削除した上で WPtouch Pro 3 を有効化してみると、読み込みに行くのがデフォルトテーマになるので、最初のエラーを回避できるかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑