*

この前のタイヤ交換の際の反省メモ

更新

*

この前のタイヤ交換では、ジャッキやそれら関連の道具を出してくるならついでにといろんな作業をいっぺんにしました。

直前にぼんやりと、「この作業も一緒にできるな~」などと思いついたものをしただけではいくつか失敗しました。ここに公開して恥をかき、反省するメモです。

まずはフロントの作業の反省

  1. トーションバーのグリスアップ
  2. タイヤ交換

この2つの作業で、何も考えずにグリスアップから入ってしまいました。グリスアップのところでも書きましたが、タイヤを外した状態ですればもっと楽だったと反省。

なので、めちゃ細かく作業順序を考えますと、

  1. フロントタイヤのボルトをゆるめる
  2. ジャッキアップしてウマをかける
  3. フロントタイヤを外す
  4. トーションバーをグリスアップ
  5. スタッドレスタイヤを付ける
  6. 着地する
  7. 本締めする

の順が正解でした。ま、これは僕がしんどいだけ。

リヤは問題なさげでした

続いてリヤの作業です。

  1. タイヤ交換
  2. オイル交換
  3. ミッションの型式確認

これら3つの作業に加えて目についた場所にシャシーブラックを吹いたりしつつ、なかなか効率よくできたんでないのなどと満足してました。

ところが大失敗

ところがバスのリアタイヤのスタッドボルトを仮止めのままにしてしまってました。

たぶん、バスのオイル交換をしながら時計を見て、これならついでにビートルもしてしまおうかなどと考え、無心に作業できてなかったのでしょう。

クルマをさわるというのは普段しない作業で、その割にさわる対象のクルマは、家族を乗せてたり、また加害者になる可能性も大いにあります。

最後に指差し確認しないといけませんね。

これを機に僕の中では、『4輪終わって着地したあとに全部の締め付けトルクをトルクレンチで測定する』、という順番に変更したいと思いました。

なのでフロントタイヤは取り付けが終わってもトルク測定はしないしホイールキャップもまだハメない、と。

  1. フロントタイヤの交換
  2. リヤタイヤの交換
  3. 4輪の締め付けトルク測定

この順番にしたいと思います。

幸い走りだしてすぐに異音に気づき、ごくごく近所でのストップ、ジャッキと工具を取りに帰って路上でやり直し、久しぶりのイベント参加だったナイトミーティングにプチ遅刻で間に合った程度のトラブルとなりました。

大事には至りませんでしたが大反省のタイヤ交換となりました。

ad

公開: | 更新: | 調べもの・メモ , ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑