*

ハブキャップを外すのにちょうどいい工具はこれ

*

空冷ワーゲンのハブキャップを外すのに、専用工具としてハブキャップ リムーバーツールというのがあります。

でもこれが僕のバスについてるハブキャップの穴には合わなくて使えません。しょうがなくマイナスドライバーでこじって外すものの、毎回ホイールの塗装が少し剥がれてしまうのでした。

で、クルマ屋さんが上手に外してたのをじっと見てて教えてもらったこの工具。本来は固着したホースを外す工具らしいのですが、これがハブキャップを外すのにちょうどよかったのでシェア。

名前はホースリムーバー。アストロなら530円でした。

ad

公開: | メンテナンス

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメント、お待ちしてます

  1. Keikiola

    リプロのハブキャップの穴は純正品よりも小さいねん。

  2. masahiro

    わー、物知り博士からの残念なお知らせ!(笑)

    まあでも純正のハブキャップが外れて転がっていったら泣くやろなあ・・・。

  3. Keikiola

    そら、泣くなぁ…。

  4. masahiro

    僕のバス、もう少し外れにくいように工夫しないとね。
    シャフト少し削りますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑