*

1966年式バスのミッションのギア比のメモ

更新

*

高速化への少しずつのお勉強です。

1966年式のバスのミッションのギア比はマニュアルによると

1速:3.80
2速:2.06
3速:1.22
4速:0.82
ファイナルギア:4.375

といった感じ。これに 1.26 のリダクションギアが付いてますので実質 5.5125。

ということは、リダクションギアを外すストレートアクスル化だけで約0.8掛けの回転数になるんですね。(4.375 / 5.5125 = 0.793)

高年式ビートルのIRSならファイナルは 3.875なので、約0.7掛けの回転数に。(3.875 / 5.5125 = 0.703)

どちらもうらやましい話です。

ad

公開: | 更新: | 調べもの・メモ , ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメント、お待ちしてます

  1. Keikiola

    最近、迷ってきた。
    IRSにするか、ギア比変更するか。

  2. masahiro

    迷ってる理由を教えてもらえると嬉しいな~。

  3. Keikiola

    僕の目的は1)最高速アップと2)燃費向上です。
    IRSにすると、どちらもある程度望めると思うし、3)走行性能の良くなりそう。
    で、IRSミッションも手に入れました。
    でも、僕のこだわりは純正車高です。
    足りないパーツを海外のサイトから個人輸入しないといけません。
    ココまでは、何とかなると思います。

    問題は、個人でかき集めたパーツで作業をやってくれるお店があるのかどうか。
    もう1つが、ネットで純正車高のIRSの写真を見てると、CVジョイントの角度が結構キツそう。
    CVジョイントのベアリングの負担は大きい気がしてきたからです。

    ならば、ミッションのギア比を変更した方が、トラブルは少ないのでは、と思うようになったからです。
    当初の目的である1)と2)は、ある程度望めそうやしね。

    こんな感じです。

  4. masahiro

    そっか、IRSミッションに変更して自然に落ちる分も要らないってことか。
    となると確かにファイナル変更のほうが心配少ないかも、という気持ちがよくわかります。

    1:1 のリダクションギアボックスがあればいいのにな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑