*

薪においては気乾比重が大事な数値な気がする

012501

薪を作るときにZM指数を算出して参考にさせてもらいました。経験値の少ない初心者でも、ずんぐりむっくりで乾きにくい薪を作ってしまう失敗から逃れられます。

このZM指数を計算するときに使った係数が気乾比重。これって、この数字が大きいほどゆっくり燃えて熾き火になるタイプということなんじゃないでしょうか。

木材を顕微鏡で見ると隙間(すきま)だらけです。この隙間を空隙(くうげき)と呼びますが、木材の体積の半分以上はこの空隙でできています。つまり半分以上は空気。だから軽いのです。

(中略)

木材は放っておくと乾燥します。すると空隙の中の水と空隙をつくる細胞壁の中の水の一部が抜けます。いわば「エアードライ」の状態です。そのときの比重を、専門用語で「気乾比重」といいます。

木材が軽い理由/森林林業学習館

今まで使ったことのあるもので言うと、

  • クヌギ:0.85
  • 梅:0.81
  • ナラ:0.71
  • 桜:0.6
  • 杉:0.38
  • メタセコイア:0.31

といったふうに見事に火持ちの良さと比例してそうです。

逆に気乾比重が小さいものはスポンジみたいにスカスカということで、乾きやすいし乾いたら軽くて持ち運びしやすいし、焚き付けに適してる、と考えていいんじゃないでしょうか。

いただきものの薪なので種類が揃ってませんが、使い分けて違いを楽しみたいと思います。

気乾比重は検索すると簡単に出てきますが、下記ページにてたくさん紹介されてます。

>> 木材博物館 | 木材の比重 [一覧]
>> 【木材の比重ランキング木材図鑑】- 木材の種類別の気乾比重がわかる木材図鑑

ad

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑