*

デジタル一眼レフ歴も8年目になりました

更新

040103

従兄弟が念願の一眼レフデビュー、キヤノン70Dを買ったそうです。いい買い物!

ウチもボディの更新をしたいと思いながら EOS kiss X6iを検討したりしてましたが、新しい X7iは動画性能が上がりましたね。

僕が初めて一眼レフを買ったのは 2007年1月で、今まで撮ったのはだいたい53,500枚、172GB。子供が生まれたのもあって、たくさん撮ってるほうだと思います。

今までを振り返って、7年使ってみた感想をまとめてみました。

ボディは消耗品

僕にとってカメラは道具です。磨いて愛でる骨董品ならともかく、撮影する道具なので、躊躇なく持って出たいもの。となると当然小さい傷の一つや二つ、増えていってしまいます。

カメラのキタムラの中古品で、『小傷あり』のものを見せてもらってホントにびっくりしたことがあるんです。いくら探しても傷を見つけることが出来なかったんですよね。これでカメラを中古で売るのはあきらめました。

デジタル製品なので進化のスピードも速く、あっという間に型遅れのモノになってしまいます。今のカメラの高感度でのノイズの少なさと言ったらすごい。ウチの kiss X では ISO400が精一杯、ISO1600なんてザラザラですが、現代機ならISO3200でもツルッツルですよね・・・。

ですので、ボディは消耗品と割り切りました。傷を恐れず、子供と出かけるときこそ持って出ました。シャッターチャンスが来たときにカメラを持ってなかったらどうしようもありません。

子育て世代に軽さは正義

ボディの軽さは、ひょいっと持って出られる気軽さにつながります。子供とたくさん荷物を持って出かける時も、ちょっとした散歩でも。

ファインダー性能や連写機能がぐっと上がる中型機も魅力的ですが、もう少し子供が大きくなってからでもいいかと思ってます。

子育て中は、軽いのは正義。僕たちは EOS kiss がぴったりでした。

やっぱり撮るなら一眼レフ

ケータイのカメラの性能はあの小ささを考えるととんでもなくいいのですが、やっぱりシャッターの反応が遅いですよね。

一番撮りづらいのが動き回る子供。EOS kiss では AF の追従性能もまだまだですが、それでもケータイとは比べ物になりません。何より撮りたい瞬間を捕まえられます。

素直でかわいい時期を少しでもたくさん残してあげたいものです。

040101

レンズは資産

ボディがヘタってきたり買い替えしたり買い増ししたりしても変わらないのはレンズ。写真はレンズが撮ってくれますので、ボディの予算を少し削ってでもいいレンズを買うべきです。

僕たちがメインにしてる 30mmの単焦点はおすすめです。とりあえず絞りを開放気味にしてボケを楽しんでます。

単焦点レンズは写真の勉強にもなってます。50mmも持ってまして、次は90mmマクロが欲しいところ・・・。

040102

レンズのレンタルもおもしろい

魚眼レンズや明るい望遠レンズのような、高い上に使う回数は限られてるレンズは、レンタルで楽しむのも面白いです。→ 一眼レフのレンズのレンタルはビデオエイペックスが圧倒的勝利なたった1つの理由

子供の運動会などでも大活躍。

レンズキャップは要らない

子供連れで多い荷物の中、いちいちレンズキャップを外すのは面倒です。付けるのはもっと手間。

普段から気楽に撮りたいので、レンズキャップは付けなくなりました。キズを防ぐために無色の保護フィルターだけは付けてます。

見てもらうのは嬉しい!

Facebookなどにアップして、撮った写真を見てもらう機会はずいぶん増えました。いろんなコメントをもらえて嬉しいですよね。

一眼レフも WiFi を積んだりと、スマートフォンとの連携をすすめてるのは正しい進化だと思います。

今持ってる EOS kiss からアップするのは手間がかかりますが、自分たちの近況を伝えたり一緒に遊んだ人たちに写真を送る意味でも、ちょこちょこアップして楽しんでます。

デジタルでも整理しないといけない

何万枚となってしまった写真の閲覧には Google の Picasaを使ってます。写真ファイルは日付ごとのフォルダに入れてますので、年/月-日といったディレクトリ構造にしてますが、それでも振り返りづらいもの。

最近はデータを移動したそのときに、さすがにこれは要らんだろというショットだけは削除するようにしました。

またナイスショットに星を付けておいたりもしてます。玉石混交は避けないと!

昔の写真ほどおもしろい

で、振り返ってみるとやっぱり昔の写真ほどおもしろいんですよね。結婚前の僕たち二人の若さだとか、生まれてすぐの長男の写真を今の長男と一緒に見てみたりですとか。

ケータイは撮りやすいですが、ケータイで撮った写真はなんとなくどこかへ消えてしまいます。少々の手間を楽しみながら、日々を残していきたいと思います。

一眼レフ、楽しいです。

ad

公開: | 更新: | カメラ ,

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑