*

コールマンのランタン、200A700をケロシン化

更新

091101

嫁が独身のころに購入したもののそのままだったコールマンの古いランタン。まあいつか使いましょうとほったらかしだったのですが、泊まりのキャンプに行けたのをきっかけに次のキャンプに使いたくて復活させることにしました。

091102

まずはこのランタンがなにものなのか・・・。調べていくと、古いコールマンのランタンとしては超有名な200Aの後期に作られた緑色モデル、200A700だそうで。

タンクの裏に刻印にあるらしく、それによると1981年3月製造。うちの嫁もこういうの、好きだなあ(笑)

試しにホワイトガソリンを入れてポンピングしても燃料が出てきません。オーバーホール決定です。

もう少し調べていくと、燃料をホワイトガソリンから灯油に変更できるとのこと。灯油のメリットは安いことと安全なこと、それに入手しやすいこと。デメリットはメンテナンスをマメにしないといけないこと。

まだウチは子供が小さいので、ホワイトガソリンに比べたら揮発しにくいことで安全な灯油に切り替えることにしました。

200Aや200A700の燃料を灯油(ケロシン)にするのはケロシン化と言うそうで、これらのランタンのカスタマイズとしては超定番らしく、おかげさまでネットにも情報がたくさん。基本的にはパーツの交換だけでいけるので取り寄せてみました。

091103

200Aの燃料が灯油になったモデルが201なので、それ用のジェネレーターを使います。型番は201B5891。

同じく201用プレヒートカップとスペーサー、ついでにマントルとアルコールボトルも取り寄せておきました。

取り寄せたパーツのショップ案内には「コールマン製品の魅力の1つに所有者自身でメンテナンスする事が有ります。」との言葉。・・・空冷VWと同じじゃないですか!

バラシはツーバーナーと一緒に買っておいたコールマンのスーパーレンチで楽々。ジェネレーターを交換し、プレヒートカップを装着、テストする時間がなくそのままキャンプに持っていき、ぶっつけ本番でした。

ad

公開: | 更新: | バスとすごさない日々

ad

関連記事

新着記事

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

記事を読む

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

記事を読む

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

記事を読む

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

記事を読む

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

薪割り機のエンジン、しばらくぶりの火入れ式

去年買って大活躍してくれたエンジン式薪割り機。そこまで長く寝か...

2016年フォルクスワーゲン冬のキャンペーンの写真が素晴らしい

フォルクスワーゲンジャパンの今年の冬支度を呼びかけるサイトの写...

薪ストーブの煙突掃除

薪ストーブの煙突掃除に挑戦です。 屋根に登っての作業がベ...

ワーゲンバスはやっぱり「遊び」のシンボルだ

ワーゲンバス、安定して広告に使われてますね。今は売られてないクルマなの...

過去記事を検索できる! buslog Antenna をアップデートしました

めっちゃ久しぶりに、空冷ワーゲンブログを巡回して一覧にする『b...

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • my bus

    buslogは、Volkswagen Type2(通称ワーゲンバス、略称バス)に乗るmasahiroのサイトです。バスの日々のメンテナンスやドライブ、試したアイテム、バスやクルマ一般についての情報を主に取り上げたブログがメインです。

PAGE TOP ↑