random image

Home > buslogについて

buslogについて

My VW Bus

buslogは、Volkswagen Type2 (ワーゲンバス)に乗る masahiro の個人サイトです。乗り始めた 2003年にオープンしました。

ブログをメインコンテンツに、ドライブした先をまとめたドライブマップやギャラリーなども少しずつですが更新してます。

ブログではだいたいこんなことを書いてます。
  • ワーゲンバス、ビートルの日々のメンテナンス
  • 空冷ワーゲンで出かけたドライブ
  • 空冷ワーゲンやクルマ全般についての情報
  • 調べたこと、わからないことの覚え書き
  • 子供の話も少々

バスに乗り始めたのが 2003年8月。買ったはいいものの空冷ワーゲンに乗ってる人なんて誰一人知りませんでした。メンテナンスの仕方もわからず、当時は mixi もありませんでしたので、ブログを書いて空冷ワーゲン乗りさんを探そうと始めたのがきっかけです。

このブログから少しずつつながっていくのが嬉しいです。

今は Facebook や Twitter などの SNS も増え、またネットで知り会えたかたと実際に会うこともできるようになって、嬉しい循環を体感させていただいてます。

ブログは日記風ではありますができるだけブログらしく、情報の共有ができればと思っています。ベテラン空冷オーナーさんや以前に乗っていたかたには何の参考にもならず初歩的なことでつまずいたり悩んだりしているように見えると思いますが、あたたかい目で見守りつつ、たまにアドバイスなどいただければ嬉しいです。

空冷ワーゲンに興味あるけどどうなんだろなーってかたは、僕のブログを通して、あなたのライフスタイルにあうのかどうか、30年以上前のクルマが現代の交通事情を乗り切れるのかどうか、「ワーゲン? 壊れるからやめときな。」なんていうアドバイスは本当かどうか、たしかめてもらえれば嬉しいです。

このブログは僕のオンライン整備簿、ライフログでもあります。この前はいつオイル交換したかな、去年の今頃はどこに遊びに行ったかな・・・なんてこともブログ内を検索すれば出てくるので重宝してます。

タイトルは bus + blog = buslog! と単純に、仮で命名したつもりがそのままになってしまいました。

最近の月間ページビューは約42,000。1日370人くらいのかたに遊びにきていただいてます。本当にありがとうごさいます。

RSS (更新情報) はこちらです。また読みに来ていただけると嬉しいです。

運営者プロフィール

masahiro

はじめまして。masahiroと申します。1976年生まれ京都府宇治市在住、ハマればとことんのB型です。

小さいころに目覚まし時計を分解して壊したクチです。

空冷ワーゲンは今のバスが初めて、クルマをさわるのも初めてです。最初のほうはホントになにも知らなくて、エンジンルームを開けて、眺めて、閉める、といったことをただひたすら繰り返してました。

バスを買ってからトミー毛塚氏の『VWハンドブック』、『VWマニュアル』、それに『図解雑学 自動車のしくみ』で勉強しながら乗ってます。

基本的に手先は不器用なので、整備のモットーは「怪我をしないこと」です。現代のクルマと違って手間がかかることもたしかにありますが、いろいろ調べて考えて作業することは、結局公私にわたって役立ってます。

IGNITOR 取り付けのときにデスビを引っこ抜いたのを機に、ほかの場所もぼちぼちとさわれるようになった気がします。

主なメンテナンス経歴はこちらです

はい、キャブの調整がまだできません。

夫婦で空冷ワーゲンに乗ってます

bus & bug

2007年に空冷ワーゲンが縁で知り合えたビートル乗りさんと結婚し、ビートルとバスの2台体制になりました。わかってはいてても5月の自動車税のハガキが怖いですが、「こんな古いクルマ売ってしまえ!」と言われないので助かります。二人とも運転大好きなので、ハンドルを取り合う少し珍しい夫婦です。

新婚旅行としてバスで北海道まで、車中泊も交えつつ行ってきました。

新婚旅行のエントリーはこちらです

子育てまっただ中です

2008年に長男が生まれました。立ち会うことができて、感動して泣いてしまいました。

独身時代のままだったバスも、チャイルドシートがついてファミリー仕様に。

車内の散らかり具合もファミリー仕様になりました。

自分の時間が少なくなってバスのメンテナンスも必要最低限かそれ以下、オイル交換もクルマ屋さんにお願いすることも増えてきましたが、嬉しい変化だと思ってます。

2011年には次男が生まれ、バスの中のチャイルドシートは二台になりました。

ビートルもバスもエアコンは付いてません。空冷ワーゲンのみで乗り切れるのでしょうか?

子供関係のエントリーはこちらです

日本での空冷ワーゲンの文化を築かれ、昔から蓄積されたノウハウを公開してくださってる先人の皆さん、悩んだ僕へアドバイスくださる皆さん、ブログを読み、イベントで話しかけてくれる皆さんに感謝します。

写真を撮るのも好きです

2007年1月に念願のデジタル一眼レフ、Canon EOS kiss Digital XTamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical を購入、どっぷりとハマりました。

Canon EF 50mm F1.4 USM で単焦点レンズのすごさを知り、室内撮影を考えて Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM をえいやと買い足し。これが大正解でめちゃくちゃ使いやすく、今のメインレンズはこれです。さらにお手軽スピードライト、270EXがあれば室内子供撮影は最強だと思います。

嫁も元から写真撮影は大好きで、しかも単焦点を不便と感じないところも助かってます。

レンズ沼にハマるかたの気持ちがよくわかります。広角単焦点も欲しいし、そろそろ望遠レンズも欲しいし、ボディも EOS 60D あたりにステップアップしてみたいところです。

写真撮影関連のエントリーはこちらです

My VW Type2

My VW Bus

2003年に購入したバスは1966年式21window。屋根付き駐車場を確保できませんので 13window か 15window を探してたのですが、めぐり合ったのがこの21windowです。1600cc、LHD、シングルキャブ、サファリウィンドウ、ベンチシート、12V換装済み。現状渡しでえいやと購入しました。

少しずつ手を入れ、現在は

  • 排気量1641cc
  • カドロンツイン
  • MSD 6A
  • IGNITORでフルトラ化
  • EMPI ハイドアウト

という構成になり、ストレスなく走ってくれます。とはいえリダクションギアは付いたままなので、いつかはIRSかストレートアクスルにしてもう少し静かに走りたいと思ってます。

写真ではきれいに見えますが小傷や小さいサビがたくさんあります。ペカペカのフルレストア車には負けますが、かえって気を使わなくていいというもの。サファリウィンドウとともにキャンバストップもしっかりメンテして、長くつきあっていこうと思ってます。

連絡先

メールをくださる方へ。

おかげさまで、「buslog 読んでるよー」とメールをいただけるようになりました。ありがとうございます。

見ず知らずの人にメールを出すのにはすごく勇気がいりますが、メールを受け取った僕は、小躍りするほど喜んだりしています。

  • いただいたメールは全て目を通してます。どうぞお気軽にご連絡ください。
  • 遅くなってもできるかぎりお返事させてもらってます。時間には少し猶予をください。
  • 常識のないかた、あまりにも幼稚なメールはご遠慮ください。
  • スパムメールに埋もれないよう、わかりやすい件名やお名前を書く等、ご協力願います。

メールアドレスは、masahiro [@] buslog.net です。
(スパムよけのためにこの表記にしてます。お手数ですが書き換えてお送りください。)

こんなイベントがあるよ、面白い話があるよ、新商品出したよ、などなどお気軽にご連絡いただけると嬉しいです。

参加ソーシャルメディア

こちらでも交流していただけると嬉しいです。

プライバシー・ポリシー

コメントを寄せていただく際には「お名前」「コメント本文」に加え「メールアドレス」を記入必須項目とさせていただいてます。コメントスパムを避けるためですが、メールアドレスは投稿後は非公開となります。チャチャ入れはお気軽にどうぞ! buslogは、あなたのプライバシーを守ります。

古いエントリーにもコメントくださいね。ちゃんとこちらにお知らせメールが飛んできますので、コメントをいただいたことに気づきます。

記事と関係のないコメントはご遠慮ください。ご挨拶・通常のご連絡等はメールにてお願いします

また、当サイトでは、Googleなど第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください

リンク・ポリシー

buslogへのリンクは、どなたでも、どこからでも、どこへでも、OKです。ブログやブログ記事の紹介をしていただけるのは嬉しいことですので、お気軽にお願いします。

相互リンクは、申し訳ございませんが、管理の都合上お断りさせていただいてます。バナーはご自由にお使いください。


Facebook ページも作ってみました

Home > buslogについて

Feeds

Return to page top